腸内細菌増やして腰痛を改善させよう!

こんにちは!リトレ代表の宮内です。

前回は腸内環境が及ぼす心理状態のについてお話ししましたね。

不安や緊張など心理状態が不安定だと腰痛を長引かせる要因

になります。

前回のお話はこちら 腸を綺麗にすると腰痛が改善する

不安と腰痛

 

では、前回の続きで

心理状態を改善させるためには、腸内細菌がたくさん必要

ということでしたが、腸内細菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか??

 

腸内細菌の増やすには

腸内細菌の数は100兆個以上とも言われ、その種類は1000種類以上にものぼります。

また、腸内細菌の重さは約1~1.5kgあると言われてます。

しかし、ただ増やすのではなく、バランスを整えることが大事になります。

 

腸内細菌には

善玉菌

悪玉菌

日和見菌(ひよりみきん)

の3種類があります。

それぞれ作用が異なり、年齢などによっても割合が変わってくると言われます。

 

※湧永製薬株式会HPより引用

 

悪玉菌は主にタンパク質をエサにしています。

その悪玉菌はタンパク質を分解することで

アンモニア

など体に有害な物質を生み出します。

 

特に肉類を多く食べた翌日などは

便の臭いが強い!!

と言った経験はありませんか?

 

そのように、悪玉菌が多いと

便の臭いがキツイ(>_<)

となりますので、便からも判断できますね。

便の臭いと腸内環境・腰痛

 

一方、善玉菌は消化しにくい水溶性食物繊維オリゴ糖を含む炭水化物を好むといわれています。

善玉菌には、腸内で有用といわれるビタミンや短鎖脂肪酸を産生し、

血糖値改善効果

消化管の粘膜免疫を高める

などの効果も認めれれます。

 

腸内細菌を増やす・バランスを整える食べ物

では、腸内細菌を増やすため・バランスを整えるためには、

善玉菌をしっかり増やす

事が大切です。

 

そのためには

・食物繊維を多く含む食材

・発酵食品

・オリゴ糖を多く含む食材

をしっかり摂取する必要がありますが、今回は食物繊維に絞ってお話しさせて頂きます。

 

食物繊維は

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維

とに分別できます。

 

それらをバランス良く摂取する事が大事であり、基本的には以下の

・野菜

・果物

・こんにゃく

・海藻類

・豆類

・キノコ類

・海藻類

をしっかりと摂る事で食物繊維をバランス良く摂取する事が可能です。

腸内観光と食物背に

 

 

腸内環境改善に伴う心理状態・腰痛改善

少しまとめさせて頂くと、

腰痛だけに限った話ではありませんが、長引く慢性疼痛には

心理的要因

が大きく関連するとお話ししました。

 

その心理的要因の一つの要素として

腸内環境

が影響するとお話しまでさせて頂きました。

 

そこを少しまとめると

食物繊維をしっかり摂取する事で腸内環境を整え精神・心理状況を整える事で慢性的な腰痛の改善につながる可能性がある

という事です。

慢性的に続く疼痛をお持ちの方は、まずは食生活から見直してみてはいかがでしょうか??

 

腰痛など不調でお困りの場合は大野城市下大利駅近くのリトレにお問い合わせ下さい^^

 

次回は腰痛と運動についてお話しさせて頂きます(^-^)/

タイトルとURLをコピーしました