腰痛を悪化させる日常生活の5つの〝悪い〟身体の使い方(座り方編)

リトレ代表の宮内です。

今回は腰痛を悪化させる、日常生活の5つの〝悪い〟 身体の使い方(座り方編)

について説明しようと思います。

日常生活の中でいくら正しい運動を行なっていたとしても、それを上回る〝悪い〟身体の使い方をしてたら腰痛は発症・悪化します。

腰痛を引き起こす間違った座り方

 

では、どのような身体の使い方が腰の痛みを生み出すのでしょうか。

今回は、〝座り方〟に着目して、5つの腰痛を悪化させる〝悪い〟座り方について説明します。

(1)〝ダラーん〟とした座り方

ダラんとした座り方

このような座り方は楽ですよね??では、なぜのこのような座り方が楽なのでしょうか??

それは、筋力を使わずに座れるからです。

 

体をまっすぐ起こして座る姿勢では、背筋・腹筋などあらゆる筋力が必要になります。しかし、このような座り方では、背もたれを使うことでまず筋力が最小限ですみます。それにプラスして体を丸めることで張力を使って座るのです。

 

前屈するときに体が丸められる角度には限界がありますよね?それは背中に張力(引っ張られる力)が働くことで、体を支えているのです。

 

イメージとしてゴムに何か先端に結びつけて落としてみてください。

ゴムによる張力

ゴムは伸びるけど、一番下の床まで下がっていきませんよね??

ある一定の所で止まる、それは張力が働いているからです。伸びるけど引っ張られる力です。

その力を使って、体を支えているのですが、その張力を使えば筋力は最小限の働きで座ることができます。

その為、背もたれ+体の張力 のおかげで楽に座れるのです。

 

しかし、長時間この姿勢でいることは、腰・背部の血流低下柔軟性の低下、さらに筋肉が硬結し、痛み張り・凝りを生み出します

さらに、椎間板にもストレスがかかるともいわれることから、椎間板ヘルニアを発症させる可能性もあります。

 

ただ、この姿勢は私もします。楽ですもんね(笑)

問題なのは、この姿勢ばかり取ることが問題なのです。長時間この姿勢で座ることは腰痛を間違いなく悪化させる要因になります。

その為、背もたれから体を離して、自分の力(腹筋・背筋)を使って座ることも大事なポイントです。

 

(2)足を組む

 

脚を組んで座る

脚を組む動作も、腰痛を悪化させる一つの要因となります。

これは何となく皆さんも理解はしているのではないでしょうか??

しかし、ついつい組んでしまいますよね(笑)

 

楽に座れますし、女性が組むと綺麗にも見えますしね。

でも、この座り方もあまり好ましくありません。

その理由としては、〝骨盤の歪み〟を生み出してしまいます。

 

骨盤歪み

 

ちなみに脚を組んでみたときに、自分で横の骨盤を触ってみて欲しいのですが、

左右同じ高さになってますか??

恐らく、組んだ方の脚の方が骨盤は高くなっているのではないでしょうか??

 

また、あなたはどちらで脚を組みますか??どちらでも違和感なく脚を組むことができますか??

この時に、どちらかが楽、片方はキツイ、といった左右差がある人は要注意です。

 

このように左右差が大きい人は、骨盤の歪みや左右の筋力・柔軟性のバランスが偏っている可能性が高いです。

 

「けど、脚をどうしても組みたい!!」

という方に関しては、どちらで組んでも違和感の無い状態にすることが大事です。そのため苦手な方で組む練習もしてみましょう。

 

初めは片方が違和感があると思いますが、そちらで組んでるうちに少しずつ柔軟性や歪みの左右差は軽減する可能性があります。

それに伴い、腰への負担は軽減し痛みの改善も期待できます。

(3)横座り、割り座、あぐら

横座り

床に座る時は横座りや割座、あぐらなど様々な座り方ができると思いますが、皆さんはどの様に座ることが多いでしょうか??

こちらも、〝脚を組んで座る〟と同様に左右差や腰の痛みを生み出す要因となります。

 

例えば、横座りの場合は、どちらに脚を流しますか??

恐らく、片方に偏っているのではないでしょうか??

これを逆ですると違和感が出るのでは無いでしょうか??

 

こちらも座る時はどちらも楽に座れる状態にすることが大事になってきます。

右にだけ流す方は、左のほうにも流してみて違和感の無い(左右差の少ない)状態にすることが大切です。

 

では、あぐら、割座に関してはいかがでしょうか??

〝私、女性だからあぐらはしにくい〟

〝男だからあぐらが楽なんです〟

と思われる方もいるかもしれません。

 

男性 あぐら

 

この2つの座り方は、股関節の動きが正反対なのです。

割り座に関しては股関節の〝内旋〟、あぐらに関しては股関節の〝外旋〟という動きになります。

字を見てわかる様に、内と外だから反対ですね。

 

特に女性は内旋、男性は外旋の方が動かしやすい

といった方が非常多いです。

まぁそうですよね、男性が割り座してたら、少し違和感覚えますもんね(笑)

 

男性 割座

 

 

ただ、割り座、あぐら(内旋・外旋)ばかりで座っていると、股関節の柔軟性が偏り、腰痛にも関連してきます。

その為、人がいないところでは苦手な座り方(女性ではあぐら、男性では割り座)で座ってみるというのも、柔軟性の改善に伴い、腰痛改善・予防にも繋がってきます。

 

(4)床にばかり座る

床に座ることが悪いことではありませんが、椅子にも座る時間を設けるべきです。

それは何故でしょうか??

 

床に座った姿勢というのは、股関節が屈曲(曲がった)状態です。

その角度も90度は超えてしまいます。

では、その角度を超えると何が問題なのでしょうか??

 

股関節が80-90度を越えると、骨盤が後傾(後ろに倒れる)する

といわれます。

その為、床にばかり座っている人は常に骨盤から体が丸まっている状態という事にもになります。

骨盤後傾

 

そのため床にだけ座る方も、腰・背中の血流低下、柔軟性低下に伴う腰の痛みや、椎間板ヘルニアなどあらゆるリスクを生み出し、腰痛を発生させる要因になります。

そのため時々は椅子にも座る事も大事になってきます。

(5)長時間座りっぱなし

いくら座り方を変えても、長時間の座位姿勢は腰痛を悪化させる重大なポイントになってきます。

デスクワーク 腰痛

 

「長時間座り続ける人は、寿命が短くなる」

 

というショッキングな研究もありますね。

 

企業によっては、デスクを設けずに、立ったままでのデスクワークを行なっている会社もあります。

それだけ長時間の座位姿勢は腰にも身体にも悪影響を及ぼします。

 

「でも、仕事上デスクワークだからしょうがいない」

と思う人もいるかもしれません。

 

その様な方は

長時間座りっぱなしを避けて15分に1回は立ち上がって、体を少し動かして下さい。

それだけでも、ストレスは分散されますので、腰痛のリスクを減らすことができます。

腰痛改善のためのストレッチ

上記の座り方はしてはいけない??

では、この5つの座り方はダメなのでしょうか。

 

座り方に伴う腰痛

 

いえ、決してダメというわけではなく、同じ座り方を長時間続けることが問題なのです。

その為、脚を組んだり、あぐらだったり、同じ座り方だけではなく、座り方のバリエーションを持っていただくことが大事です。

また、どのり方をしても左右差を感じない、普通に座れる、という状態になれば、腰の負担は間違いなく軽減します。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

特に腰痛がある人に関しては当てはまる項目は多かったのではないでしょうか??

 

今回の内容を簡単にまとめると

 

同じ座り方ばかりを、長時間続けることが問題であるため、

・座り方にバリエーションを持たせる

・時折立ち上がって体を動かす

・脚を組んだり、横座りなどしても、左右差を感じない状態にする

 

など意識するだけでも、腰痛は軽減する可能性があります。

気になる点などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい^^

 

 

最小の努力で正しい身体の使い方を獲得できる

〝鍛えない〟パーソナルトレーニング ジム リトレ